Tuesday, December 28, 2010

タイ料理

夫はまだ休暇中。 ネットで去年出来たタイレストランの評判が大変良く5ツ星を連発していたのでランチへ。
友人から口コミで名前は聞いていたが場所がよく分からなかった所。

住所を確認するとすごく治安が良い訳では無い地区だったので渋る夫を説得するのに少し時間がかかった。 近くまで来るとレストランは危険地区の少し手前に位置しており斜め正面には裁判所もあるし大丈夫なロケーション。 店の入り口も洒落ていて入りやすそうな雰囲気。
以前、友人の誘いでカンボジアレストランへ行ったら今時びっくりするうらぶれた卓球場のような場末の料理屋。 自分的には味はOKのレベルだったけれどおそらく市当局の許可無しでもぐりでやってるんじゃないか、、と思うほど衛生的に問題ありな所だった。
それ以来、夫はタイ、ベトナム、カンボジア、、、などと聞くと逃げ腰になる。

小奇麗なエントランスに入るとウエイトレスの女の子が笑顔で迎えてくれた。 ホッ。
チャイニーズ系日本食レストランは女の子が無表情でブスっとして接待するのでこれはタイだな~と思う。
2時半頃に行ったのにランチメニューを渡してくれた。 アペタイザーに春巻きとカンボジア風カレースープを頼むと両方とも美味しい。 夫と半分ずつ交換して食べる。
メインは夫はパッタイ、自分はレモングラスでマリネした骨付き豚肉。 かなりイケた。 値段も良心的でランチのメインは大体$8くらい。

タイ料理は見た目のプレゼンテーションも美しいしレストラン自体も中華系と比べると全然綺麗。 中華料理も好きだけどこの辺りの中華レストランは衛生状態が非常に悪そうでとても入る気にはなれない。 
あと匂い、、チャイニーズ系の日本レストランでさえ空気のベンチレーションに気を使っていないらしく 店を出るとチャイニーズ独特の油臭い匂いが服や髪の毛にこびりついて困る。

これって大学の時の中国人ルームメイトに料理する時は窓開けてね!(キッチンにファンの無い古アパートだった)って毎回頼んでるのにも関わらず窓を開けないからいつも部屋が油臭くて参った時と一緒。 で、たま~に開けてくれた時は閉め忘れていてある日帰宅したらマイナス10℃にも関わらすベランダ全開で暖房がフル稼働でガンガンかかってて参ったよなぁ。
あと、中国人の苦手なもの、、掃除。 生活習慣の違いから結局うまくいくはずも無く一年でルームメイトは解消。
普段から掃除しない子だったけれどアパートを引き払う時も全く掃除無しで引き揚げていった。 掃除無しで引き渡すとアパートの管理会社から掃除代として後でデポジットから引き落とされる可能性があるので 結局彼女の部屋も掃除せざるを得なかったというヤな思い出が中国人にはある。 (って一くくりにして言っちゃいけないんだろうけど)

今日のタイレストランはエアベンチレーションもしっかりしていて匂いが付く事は無かった。 また日を空けずに行きたいものだ。

No comments:

Post a Comment