Wednesday, July 3, 2019

巡り巡って

今日もゼウスのお花は綺麗に咲いていてくれます。 


どんどん暑くなり今日は日中30度を超すようになりました。 朝の水やりも温度の上がる前、5時半から6時ごろにひととおり終わらせます。


昨日Air Forceジムのクラスが終わった後に生徒さんから "You change my life completely. Thank you!" と言われました、、有難いです。
これって巡り巡って正(不に対する)のスパイラルなんだなーと実感しました。

私にとってのヨガの全てをひっくり返して変えてしまった先生と言えば、、まずマン先生、そしてジェフ。 

マン先生はヨガ哲学をポーズの中にまで組み込んで、、今までただ雑然とやっていたポーズの意味を考えるようになったり、、また彼女のクラスをひとつのコミュニティとしてお互いを支えあい 思いやりながら、、またクラスの外でもそのポジティブな生き方を実践する勇気を学びました。

ジェフのクラスでは解剖学を中心としてより科学的にポーズの一つ一つを解明し筋肉や骨の元から持つ強さをより増幅していく方法を学びました。

先週はジェフの先生であるサンドラ・ローリング先生、、アシュタンガヨガの祖であるPattabhi Jois から教えを受けたお弟子さんで 今は世界を飛び回って教えている先生がゲストTeacherとして 研修生の私達を教えに来てくれました。

おそらく80代、、でもそうとは思えない程、エネルギッシュで語弊が悪いかもですが、、かわいらしい先生でした!  先生、教えながらクラスの中をぴょんぴょん飛び回ってました。(笑)

ヨガでは手を使ったポーズがとても多いのですが (例えばツリーの時足を手で所定の位置へ持っていったり)そういう事をせず筋肉をアクティブに使い手の助け無で出来るようにする Active range of motion VS Passive range of motion. というコンセプトを学びました。 

Active Range of Motion = Strength、、なので手の動作は最小限に抑える、、目からウロコとはこの事か! 

また私達インストラクターが犯しやすい近代ヨガの盲点等目が覚めるような 夢のような授業でした。

こういった自分の先生たちが今の私を作っている。

だから生徒さんの 人生を変えてくれてありがとう! という言葉はそのまま自分の先生たちに捧げます。



Thursday, June 27, 2019

ゼウスの木2

2018年6月18日 8:16pm
私達の夕食が終わった後で ねえねえ、、遊ぼうよーーと来るゼウスだったかな? それともおやつくれよ!だったけ?



話しかけると定番のシェパの首傾げーー


ゼウス、天国でお祖父ちゃん(私の父)と会った? お祖父ちゃんはゼウスと遊ぶのが大好きだったね。 ゼウスもお祖父ちゃんが大好きで、最初ママは警戒心の強いゼウスが父に慣れるか心配したけれど杞憂に終わったね。 父が来た時は裏庭で毎日のようにボール遊びしたね。 お父さん、ゼウスをよろしくね!! でも自由人の父はちゃんとゼウスの世話してくれるのかどうか心配だなあ、、。(笑)

ゼウスのお花は今日も綺麗に咲いているよ!

今日の玄関のお花達



不精なママで鉢植え枯らす名人なのにゼウスの為にちゃんと毎朝お水あげているよ。


裏のゼウスお庭前のデッキも

フェンスで囲まれたゼウスのお庭、、、主の居ない庭は寂しいね。
亡くなる前の晩、クラスから帰宅するとジェイミーとゼウスは庭にいたね。

ゼウスはプール小屋のそばに横になってずっとお庭を眺めていたね。
びっくりしてジェイミーに何してるの!? って聞いたら、ゼウスが外に出たがったので出してあげたら 庭で腰おろしちゃった、、もう30分くらいかなあ、、って言ってたね。

私達もデッキに座ってゼウスの気が済むまで待っていたね。その後30分くらいで気が済んだのかおもむろに立ち上がったゼウス、あわわわ、、と歩行を補助するハーネスをつかんでゼウスに駆け寄る私。

今考えると死期を悟ってきっと自分の庭にさよならをしていたんだなあ、、と思います。

お花が綺麗だよ、今は、、みんなゼウスのお花だよ!
ごめんね、棺に入れてあげる事が出来なくて。 
色々と後悔する事ばかりだよ、ゼウス、、ごめんね。

愛してる



盆栽を買ったんだ、名前は ズーシー ツリー  ゼウスの木だよ。 大切に育てるからね。




今日は何なんだーー 思い浮かぶのはゼウスの事ばかり、、こんなんで夕方のクラス出来るのかなあ。 気合いれないと!!

Tuesday, June 25, 2019

ゼウスの木

先週木曜日のクリントンのファーマーズマーケットの品々、、

野菜は右からブロッコリー レーブ、赤かぶ、アスパラ、肉はベーコンと骨付きビーフ。

ブロッコリーレーブって何? ブロッコリーの若いの? と最初は思ったのですが名前が似ていてもブロッコリーとは別物、カブに近い種類の野菜だそうです。 炒めると少し苦みがあってパンチが効いた、でも味わい深く美味しい! 今の季節しか取れないので楽しんで! と農家の人から言われました。

この農家の人、ケイティ さんと知り合ったのは2週間前。最近気が付いたのですが(遅いよ!)ファーマーズマーケットとは言え地元ではまだ野菜を収穫するには今年のように雨が降り続いたりすると早すぎて野菜はほんの少ししか無い、、はず。
にもかかわらずテント一杯にはみ出るほど、そして形の整った大量の野菜を出しているお店が多い事! 私も先々週買いましたけど。
結局は地元ではなくニューヨーク市の市場から仕入れているようです。

そんな中、ほんの少しの野菜、、明らかに不揃いな自家栽培と一目両全のものを出してひとり出店をしている彼女のお店に自然と目が行きました。

ブロッコリーレーブもほんの2把しか収穫できなくて、、と。 はじめて見るけどどうやって食べるの?と聞くと炒めても生でも、新鮮だから時々生でも食べるよ、、私はパスタに入れるのが大好き!と元気の良い答えが返ってきて 本当は3把収穫できたんだけど、自分も今夜食べたいからマーケットには2把しか持って来れなかったの! とはにかんで答える彼女。
次の日にハーブフェストで買った椎茸と一緒に炒めて食べたら柔らかく苦みが程よく効いていて美味しい事! 以来ブロッコリーレーブは大好きになってしまいました。

彼女の農場はヨガのスタジオから20分くらいの所にあって直売所もあるからいつでも訪ねて来て、動物たちも沢山いるから案内するよ、、と動物の話に。

ラムの赤ちゃんが先週生まれて可愛くて仕方がないそう、、でも結局食べるんだよね、、だからこそ動物たちには感謝をして生きている時は最高の環境を与えたい、、、広いゆったりした環境で自由に育て、お肉に加工する時も動物たちのストレスになるような遠方の大工場へ送ったりはせずに近くの信用できる所へ自ら一緒に出向いている、、というような事を話してくれました。
ひしひしと感じる動物愛!!

彼女の所からはブロッコリーレーブ、赤カブ、そしてお肉を買い、アスパラはヨガスタジオの友達で農家のポールの所で、、そしたら一ドル負けてくれたー。

そして後日談、、
先週土曜、マン先生のクラスが終わった後にヨガ友とケイティ の農場へ行ってみました。
田舎の道で少し迷いましたが30分かけて到着。直売所のドアを開けると無人で黒板に、

「今日はOneida County のファーマーズマーケットへ売りに行っています、、品薄になっていて申し訳ないけれど野菜は冷蔵庫を お肉は冷凍庫を見てください、、代金はボトルに入れておいてください」

と書いてありました。そうか、、今日は売りに行ってるんだー、、友達と冷凍庫のお肉を見ていると、、ドアが開いて女性が入ってきました。

その人はマージさんでケイティ さんの友人で農家を手伝っているそう。 マージさんも今日は農作物はほとんどファーマーズマーケットへ持って行ってしまってここにはあまり残っていなくて、、と気の毒そう。 でも隣の鶏小屋にたまごなら沢山あるわよ! 一緒に来る? と私達を案内してくれました。

鶏小屋は鶏達が自由に外と内とを行き来できるようなフリーレンジな作りでした。
その一角に孵化したばかりのひよこ達の部屋も。 ひよこって皆黄色かと思っていましたが黒いひよこや茶色のひよこもいて可愛い!

鶏小屋の中には本棚のような仕切られた一画があり、鶏が卵を産むときは自分でそこの棚に入って産むのだそうです。 その棚のなかから生まれたばかりの卵をケースに詰めてくれました。
中には青いたまご!!もあって、青いたまごは特定の白いニワトリから生まれるのだそうです。 青いたまごも持って行く? と聞かれて私とヨガ友はもちろん!!

こちらが青いたまご


はじめて見ました! 昨日オムレツを作った時に割ってみると、、



マージさんの言っていたように普通の卵でした。

産みたての卵はケース越しに暖かくてびっくり。
私とヨガ友は卵とお肉、私はシチュー用のビーフと豚ひき肉を買っておいとましました。

ちなみに生みたてたまごでオムレツ作ったら激ウマでしたーー。

青いたまごと他の卵


昨日のお昼となったオムレツ


食レポのようになってしまいました、、結局タイトルのゼウスの木はどうなったって!?これからクラスなので次回へ持ち越しますねーー (汗)

Wednesday, June 19, 2019

本当は

本当はこの時間家に居ないはず!、、なんですが ただ今3:30PM。今病院で研修受けているはず、、 ヨガの。  サボりーー!!! あーあ、サボってしまった。

水曜日、三個目のクラスは研修で PTSD (Post Traumatic Stress Disorder, 心的外傷後ストレス障害) Therapeutic Yoga のクラスをオブザベーションしているはずなんだけどなあ、、、。

2個目のクラスが終わった後忘れ物してスタジオに戻って時間を無駄にする -> 
3個目と4個目のクラスの合間に作る夕食の食材を買いにグロッサリーの寄ったら 帰宅して即家を出ないと間に合わない事に気が付く -> 
昼食べる時間が無い -> 
疲れたし昼にプロテインになるものを食べないと体がついていけない ->
今日はサボろう!! 先生ごめん!

という結果になりました。 

PTSDヨガの研修は軍の病院であり PTSDヨガを指導している先生の教え方、生徒さん達を毎週観察しています。 今は課題の読み物を読んだり、あと数週間で実際に教える際の指導法の講習会があって楽しみです。


家に居るとゼウスを探して視線が泳いでしまいます、まだまだ。
今日もゼウスのお花は綺麗に咲いているよ、会いたいなあ、、ママはずっとずっとゼウスの事を愛してるよ!!

大好きな写真の一枚、よく遊ぼう!ってドアの所から覗いていたね。
また遊ぼうって来てくれないかな?
 


これから最後のクラスへ行く前に夕食、ふふふ今日は日本のカレーを作るぞ!
美味しいし簡単だし(笑)
 

Monday, June 17, 2019

ヨガ教師になって良かったと思った瞬間

ジムの入り口の所で偶然生徒さんと会ったら (後でよく考えたら待っていてくれた?)これ受け取ってください!と紙袋を渡され 中にはサボテン系の鉢植えと手作りの鍋敷き! わーーありがとう!と有難く頂きました。



 帰宅して紙袋から出してみるとメッセージが、、

ヨガを教えてくれてありがとう。 
体、心、精神のバランスがあなたのおかげで取れるようになりました。

 メッセージ見て泣きそうになりました。心と体のトータルバランス、これこそヨガの神髄だから、、。 

エクササイズとしてヨガをやることも良い事だけど それをステップにして 精神の安定、バランスをも追求していきたい、解剖学、脳生物学、病理学も取り入れながら最先端のクラスを作り上げてる自分の尊敬する先生達がやっているように。

苦労が報われた瞬間ってこういう事なのか、、と思いました。それと共にこんな私から一生懸命に学んでくれる生徒さんに感謝しかありません。ありがとう~~(涙)



ますます増えてくゼウスへの花、、また玄関へ先週ファーマーズマーケットで買ったお花を鉢に植え替えました。


玄関の両脇の小さな花、まだつぼみが多くて咲いていませんが、、。

玄関前がどんどん賑やかになってきました、ゼウス見てるかな? でもゼウスはきっと花なんてどうでもいいんだろうなーー、、自分の心の中での供養のようなものでしょうか。



離れのがラージで鉢植え作業をしてたら がラージの壁からうるさいくらいにピーピーと数羽の鳥の鳴き声が聞こえます。鳥ががラージに入り込んでしまって出られなくなってるのか?と内側を見たけれど鳴き声が至近距離で聞こえるのに姿は見えず、、、。

外側に回ってみると、換気扇の所に巣があって子供が2羽鳴いてました。

見えますか?分かりにくいですけどちょっとだけ頭出してます。 何の鳥だろう?結構大きい!
鷹の子供? それともふくろうとか?? 調べようと思って結局忘れてしまいました。
明日への課題だな!
とりあえずジェイミーには何があっても離れのガラージの換気扇だけは絶対にスイッチオンしないように!!!と言っておきました。
ここ、西日は当たらないし風通しもよく最適な場所です、考えたものだなー。


Sunday, June 16, 2019

Herb & Flower Festival

Herb & Flower Festival 2019、というフェスティバルが毎年家から12分くらいの所でやっていたとは知りませんでした。以前勤めていた病院の同僚がイベント当日、病人が出た時の為のナースをさがしているけれどやらない? と誘われてはじめてそんなフェスティバルが家の近くであったんだ! と気が付きました。

当日はヨガスタジオのイベントと重なってしまって朝のクラスを教えてから直行しました。 ヨガスタジオのイベントは大盛況でスタジオ一杯もうこれ以上は入りきれないほどの人が来てくれて有難い事です。 数か月ぶりに会う生徒さんもいてハグして再会を喜びました。
日本人のお友達やその娘さん等の個人的な友達も来てくれ賑やかなイベントとなりました。

イベントの自分の番が終わったら今度は速攻でスクラブに着替えて今度はハーブと花のイベントへ、遠くの駐車場に止めてシャトルバスで現地入り、、というこちらも大盛況です。

久々に青空で太陽がまぶしい。

一日勤務で来た看護師だと入口で告げると建物の中の仮の医務室へ案内されました。
特に医務室にずっと居る必要はないし必要な時は放送か携帯で呼び出すから好きな時に外のイベントを歩き回っていてもかまわないと言われて なんていい仕事もらったんだろうとにんまり!

イベント会場の中は所狭しとハーブと花の苗が並び、そのなかに何とシイタケを栽培しているお店を見つけました。


おじさんが持っているのはメープルの木。 この木にシイタケの菌を植えて育てるのだそうです。 年に3回収穫できて 木は3年もつそうです。 値段は25ドル、欲しいなーーと思ってたらあっという間に売り切れてしまいました。

でもこのシイタケファームは家から30分くらいの所に あると分かったしいつでも買いにおいで、ファームには沢山あるから、、という事なのでそのうち行ってみよう。

盆栽を作っているお店も発見しました。 セントラルニューヨークで盆栽って! 驚きです。


盆栽はしたことも持ったことないけれどお祖父さんが大切に育てていたのは覚えています。身近に日本を感じるのもいいなあ、、とお値段をみたらさすがにそれなりで苗を2,3個買うくらいの現金の持ち合わせしかない私、、。

ジェイミーに電話をして来てもらってもう一度一緒に見て 松の盆栽を家に連れて帰る事に。 盆栽を作ってる人、ナンシーから犬・猫を里親に渡す気分だ、、と言われてああそうなのか、、と納得。 手塩にかけて育てた盆栽、大切にします。

こちらが家に連れて帰った盆栽です。


ナンシーからは名前をつけてあげて、、やはりズーシーの木かな? (ゼウスの事はいつもズーシーって呼んでいたので)

Wednesday, June 12, 2019

月命日

一昨日でゼウスが亡くなって一ヶ月が経ちました。 月日が経つのは早い、でもなかなかゼウスが居ない事には私達夫婦は慣れません。

ゼウスが亡くなってあまりに家が寂しくなったのでゼウスを偲んで家の周りに花を飾っています。

フロントサイドにハンギングバスケットはこの間飾りましたが柱にも花を飾ってみました。


バックヤードの花たちも元気に咲いてくれています。


朝顔とは違う日本の昼顔?のようなよく海辺で見かけるような花ですがアメリカではすべてMorning Gloryで片付けられてます。



天国のゼウス、みんなゼウスの為に植えたようなものだよね、、楽しんでくれてるかな?
 2018年11月、午後11時、、寝る前にベッドに上がって待機中のゼウス。 ママはまだ寝ないの? って言ってるね。