Monday, February 4, 2008

Super Bowl

昨日はスーパーボウル、NFLの決勝戦。今シーズン無敵で強いニューイングランドにアンダードッグのニューヨークジャイアンツがどこまで立ち向かえるか。 ジャイアンツファンの私はこの二週間ドキドキはらはら待ってました。前半先制したけどすぐ逆転される。ニューイングランドのデイフェンスは厚い。後半、もう2分しかないどうしよう!! ボールはまだまだゴールから程遠い位置。QuarterBackのイライがデイフェンス陣に倒されそうになって目の前が真っ暗になる。でも彼は隙をくぐり走りぬけ絶妙のパスをレシーバーに投げる。レシーバーも素晴らしくまるでバスケの試合かと思うほどジャンプしてボールを確保。でも、もう時間が40秒くらいしかない。そんな時イライのパスがゴールラインの中にいたレシーバーに届いた。その瞬間時が止まったような錯覚と歓声。誰も予想しなかったまさかの勝利。泣けた。イライの最後のパスをキャッチしたレシーバーも泣いている。もう2分しかないからなんてあきらめなかったニューヨークジャイアンツの大きな勝利だった。

No comments:

Post a Comment