Sunday, December 4, 2011

今学期最後のクリニカル

ブログを通して大好きだったジャーマンシェパード、ピーター君サラちゃんがたて続けに亡くなりました。
心にぽっかりと穴があいたようで悲しくてさびしい。 
サラちゃんもピーター君もまるで人間?と思えるほど人とのコミュニケーションが素晴らしく上手なシェパでいつかゼウスもそんな風に人間全体を見てくれると良いな、、と目標に思っていました。

しかし自分でさえそうなのだからオーナーさんの悲しみは1000倍、いや言葉にできないだろう。 
この子達は飼い主と心から理解し合い、また我が子のように愛されて亡くなった。 
幸せな犬生で良かった。(涙) またいつかはオーナーさんの元に元気な姿で戻ってきてね。

***
先週は今学期最後のクリニカルラボ・病院での実習でした。 自分が担当した患者さんの薬の多さに唖然。 投薬前に各薬の効用・副作用等を教授に口頭説明しなければならないので20程の薬の暗記に追われた。
今回は注射器を使う事がなかったので気は楽だったけれど。

学期末最後の評価で一人ずつ呼ばれ評価を聞く。 クリニカルラボの場合はABCDFの五段階評価では無くて合格か不合格かのみ。 まあ、不合格になるとは思っていなかったのでそれ程緊張する事はなかった。 
しかし、一クラス7人のクリニカルラボはいつの間にか5人になっていた。
評価は驚くほど良かった、、と言うか褒め殺し?で気恥ずかしいくらいだった。 褒めるのがうまい教授だからだったと思う。

最後なので教授も含めた皆で1時間休息をとり近くのレストランで夕食を食べた。
これでこのメンバーともお別れだ。 来学期はまた新しいメンバーでクリニカルラボが始まる。
来学期は産科・新生児と精神科が半分ずつ入っている。 

No comments:

Post a Comment