Thursday, December 20, 2012

悲しみの金曜日

先週金曜日、帰宅してニュースを見てぶっ飛んだ。
銃の乱射で小学校の幼稚園クラスの子供が20人犠牲になり、また学校のスタッフ6人が命を落とした。

銃を乱射したのもまた20歳の子供だった。 アスペルガー症候群だったという。
アスペルガー症候群は今年の夏書いたDivelopmental Psychologyのレポートのテーマにした病気だった。 Autism (自閉症)の一派に属する病気です。
非常に高い学習能力や記憶力を持つ事もあるが社会環境に順応する事がかなり難しい病気。
人と関わる事を極度に苦手とする。

また、幼児期からの早期発見が出来れば 社会環境に順応するトレーニングを経てアスペルガー症候群特有の高い学習能力を生かした職種(コンピュータのプログラミングやデータ管理等)で活躍する人々もいる。

銃を乱射した子供は裕福な家の子できちんとアスペルガー症候群としてケアされていたようだ。 母親が1人で専属ヘルパーのような形で世話をしていたとニュースでは言う。
最近、母親がこれ以上は1人でケアするのは無理だと自覚して自閉症専門の病院へその子供を入れるべきか検討し始めた。 それを知った子供は裏切られたと感じて怒りで母親へまず銃を向けその足で小学校へ向かったらしい。 どうして小学校へ向かったのかは不明。

子供が子供を殺す、、悲しすぎて涙も枯れる光景だ。
中でも銃撃の中、先生が子供を抱きしめて一緒に亡くなっていた光景がニュースで報じられた。
亡くなった子供が大好きな先生だったそうだ。
子供の両親が『あの子は1人で怖がりながら死んだのでは無かった、大好きな先生が抱きしめていてくれたからきっと最後まで怖い思いはしなかったと信じたい。』 その言葉で涙があふれた。



これを機に銃規制が行われるのは確実だと思う。 犯罪者や犯罪予備軍のような人々に大量殺人出来る銃を売る事の出来る現行でのシステムには心から反対だ。
また、一般家庭でどうしてマシンガンのような銃が必要なのかも理解に苦しむ。 防衛という事だったら普通の銃一丁で足りるのでは?と思う。

実は我が家にも防衛の為に夫の所有する銃があります。 どうしてか? それは田舎で例えば強盗が入ったとして直ぐ警察に通報しても到着まで20分くらいはかかるだろうから。 隣り近所とも距離があるのでいくら大声を出しても、または自分たちが銃で撃たれても近所にはほぼ聞こえないのです。
なので、田舎や家と家との距離がある住宅地に住めば住むほど銃の所有率は高くなると思います。

また、自分の身は国ではなく自分自身で守る、、という私達日本人には理解しにくいアメリカ人特有の考え方もあってどちらが正しいと言い切る事が出来ない。
今後どうなるのか、、、銃規制の問題はアメリカでは一筋縄ではいかない事は確かです。



6 comments:

  1. 本当にクリスマス前の痛ましいニュースにショックを受けました。
    子どもをなくされた親御さんの気持ちを考えると、何てお慰めしたらよいか分かりません。
    いつも銃社会で、このような事故が起きると、私達はアメリカの銃で自分の身を守るということに疑問を感じます。

    銃規制はいろいろのしがらみがありそうで、難しいのでしょうね。

    大統領がすぐ駆けつけたのは、アメリカらしいですね。

    最近予想もつかない事件が起きて、日本でも身を守る必用性が出てきました。
    私は家もセコムですし、2頭のワンコが守ってくれているのを
    ちょっぴり期待しています。

    ReplyDelete
    Replies
    1. Sarah mamaさん

      確かに自分の身を守る為の銃、、という定義は今、かなり揺るいでいます。 
      しかし、この国の建国以来の伝統である銃を護身用として保持する権利を主張する人も多く(←夫もその1人) 
      規制がどうなるか、、政治団体が絡んできて大分揉める事は予想されます。

      何とも、悲しいと言うか、、今度の銃規制の可能性を前にして銃火器店には規制前に買っておこうと買い物客が殺到しているとニュースに出ていました。

      本来ならば銃よりもセコムのようなシステムがもっと一般に広まれば良いのでしょうね。 
      我が家のゼウスは吠えてはくれますが、夜、暗い所へひとりで行く事が出来ないヘタレなので私を守ってはくれなさそうです。(笑)

      Delete
  2. Zeus Mama-san,

    May holiday lots of happiness, joy and good cheer be with you now
    and throughout the new year2013!


    ReplyDelete
    Replies
    1. Sarah mama san,

      Ops! I missed your message!

      Thank you very much.

      I hope you have great holidays!

      Delete
  3. mamaandwans@yahoo.co.jpDecember 24, 2012 at 9:21 AM

    今晩は!我が家は只今、10ワンになってしまいました。2ワンの保護は、ともかく、1ワンの老犬のテリア系mixですが、以前、黒ラブで、色々あった団体からの依頼というより、自分の手は汚さず、人に嫌な役目をさせ、結局我が家に来たのですが。(こんな人が、NPO法人になるなんって!却下して欲しい!)それに、比べ本当に犬の幸せを願って活動されてる。寒い国で、頑張ってる方には、頭が下がります。そういう方に相談させて、頂くととても、励みになりますね!ゼウス君は、譲渡されて、どれぐらいの期間でなれました?シェパの子は、後から来た子に人気があり、遊んでくれます。

    ReplyDelete
    Replies
    1. メリークリスマス! Mamaandwansさん

      ゼウスはビビリでパックの人間には依存する性格のせいか里親として迎えに行って帰宅途中の車の中で既に私達夫婦には慣れてくれました。

      ただ、パック以外の人間に心を開くのはかなり時間がかかり、まだまだ勉強中です。

      ゼウスママ

      Delete