Friday, April 20, 2012

ゼウスが4歳を迎えて、長期戦

5日前に4歳の誕生日を迎えたゼウス。 2歳近くで我が家にやってきた。 BrightStar German Shepherd Rescue というここから車で2時間程のローチェスターという町で保護されていたゼウス。

当時の里親募集写真。 ひょろ長いゼウス。 雨の中の写真がせつない。


我が家に来てから数日の頃。

当時は単純にワケありの犬を引き取って訓練しなおして里親を公募している訓練所かと思っていた程レスキューや保護の事を知らない無知だった。  

当然ゼウスに何の問題もあるはずも無いと信じていたおめでたい自分がいた。
はじめて垣間見た問題に驚き、いろいろな失敗を繰り返しロサンゼルスのDog Behaviorist のMasumiさん や Cesar Millan から教わり、影響を受けて試行錯誤しながら歩いてきた2年間だった。

ゼウスが我が家に来て2日目、家に訪ねてきた友人に吠え立て友人を家に入れる事が出来なかった事から始まり、当時通っていたAKCの基本トレーニング中、アシスタントトレーナーに飛び掛って噛み付き未遂事件をおこしクラスからキックアウトを食らった事、、と数えればきりがない。

いろいろな問題行動の中で短期戦で済んだものと長期戦になったもの、、といろいろある。

短期戦で済んだものは散歩中にすれ違う人間に唸り吠える事、又は初対面の人間に対する攻撃性。  近所の道ですれ違っただけのお婆さんにゼウスが唸って歯を見せた事は今でもはっきりと覚えている。
私がリーダーシップを取らなかったせいでゼウスの神経質さが助長された結果だった。

しかし、これは意外と早く約2週間くらいで解消できた。 
リーダーウォ-クを徹底して最初の一週間はマズルを付けてなるべく人がたくさんいる公共の場を選び連れて歩いた。  私が住んでいる田舎では散歩で人に会う確立が低いので 金曜の午後のシラキュースのバーがたくさん集まるエリア、 隣町の遊歩道や公園、ペットショップ、 ショッピングモールの入り口付近等とにかく人が集まりそうな所を散歩しまくった。
精神科や心理学のテキストで言う Systematic Desensitization や Flooding と呼ばれるテクニックで不安や神経質になるような場にわざと連れて行き慣らせる事をした。  
マズルを付けているからと言ってもそれ程奇異な目で見られる事もなかったように思える。 道で出会った数人からはがんばって!とエールを送ってもらった事もあり励みになった。

マズルは一週間で外す事が出来、それ以来外で人間に会う事はOKになった。 触られるのも大丈夫だがやはり飼い主が触る人や回りの状況をじっくり観察する事は怠れない。

長期戦になっているものは、家の敷地内。
テリトリアルな性格を緩和させる事が難しい。 なので、家の前を通る人を見ると窓からガウガウ吠える。 敷地内に宅配のトラックが入ってくると狂ったように 出ていけ!とばかり吠え立てる。
そんな時はゼウスを呼び戻し、落ち着くまで伏せさせるがかなり時間がかかる。

なので突然知人が訪ねてくるようなシチュエーションは言語同断。 まずゼウスをドライブウェイまで連れて行き家の外でじっくりその人に慣れさせ、この人間は敵ではない、と教えなければならない。
一度敵ではない、と認識すれば全く無害になるのだがそれまでの過程に時間がかかる。

当然我が家を訪ねる夫や私の知人友人は激減し、今では皆無となってしまった。(笑)
本当は逆にもっと家に他人を招いて慣れさせるべきなのは分かっているが、もしもの事を考えると二の足をふんでしまう。
何回か経験を踏めばゼウスにも出来るはず。 そう言えばマズルを付け相手の安全を保障する手もあった。
今度、デイケアのトレーナーに家に来てもらって試してみよう。

2 comments:

  1. ゼウスママさん、
    今日のブログを見て、胸がキュンとしました。
    本当にゼウス君はママさんにお会いして幸せシェパですね。
    でも、大型ワンコをすぐ引き取られたママさんの度胸も凄いです。
    シェパは一人に付くといわれていますが、その人がリーダーシップとれないと、いろいろ問題行動起こしますね。

    私は年齢的にどうかな?と不安がありましたが、最初は以前の犬でお世話になったトレーナーさんが、家に来てくれましたが、やはり集団の勉強も必要と考えて訓練所に4ヶ月入れました。もちろん私も尋ねては一緒に訓練受けました。

    又私が何かあったとき、大型犬を世話する人もいなくて、訓練所では、いつでも、お世話してくれる利点もあります。

    ゼウス君の行動はよ~く理解できます。
    サラも同じ問題ありますから。
    やはり、飼った以上は、一つずつ、解決していかねばなりませんから、時間も必用になってきます。
    人間に比べたら、犬生はとっても短いし、その日、その日を
    お互いに大切にしようと私は考えています。
    自分の方が先に行かないように。。。〔笑)

    ママさんも大変でしょうが頑張ってね!

    ReplyDelete
  2. Sarah mama さん、

    ゼウスを引き取った当初はリーダーシップを取る事を考えていませんでした。 もしもあの頃もっともっと犬に関して勉強していたら、、と悔やまれてなりません。

    日本の訓練所には行った事が無いのですが、デイケア+トレーニング:犬同士学ぶ事と人間とのトレーニングと考えてよさそうですね。 

    サラちゃんもゼウスと同じ行動を取るのですか。 Sarah mamaさんはどのように対処しておられますか?
    テリトリアルな性格を直そうとはしていますがなかなか進歩がありません。 家の敷地内に何かが侵入するとどうしても防衛本能丸出しになってしまうゼウスです。

    本当! お互い犬よりも先に行かないようくれぐれも気をつけましょう!

    ReplyDelete