Saturday, December 6, 2014

新入りさん

ドーベルマンミックスのガーディアン3歳


ビビり系、でもピリピリ感は無し。 おっとりしたビビり系? 散歩も後を1メートル開けてテケテケ付いてきます。  

ガーディアンの元飼い主は精神障害がある人で入院してしまい、引き取る・引き取らないのゴタゴタの結果3ヶ月の間市の施設へホールドという形で留め置かれた後、やっとシェルターへやって来ました。  3ヶ月の間のケンネル暮らし、、ひぇ~~。

人間にはサブミッシブ。 だからサバイバルできたんでしょうな。


大型車両にはビビり散歩途中に動かなくなります。 そんな時トリートを見せればまたテケテケ付いてきますけど。 でもいつもトリートをあげていたのでは大型車両の怖さを克服できません。

動かなくなった時ガーディアンの顔を見ずに、わざと背中を向けてネゴシエートしないようリードをツンツン引っ張るとまたテケテケ付いてきます。 何回かそれをやると散歩途中で立ち止まらなくなりました。(Masumiさんのメルマガからヒントを頂きました♪)

でもケンネルに戻ってスタッフに引き渡した後にまたガーディアンが動かなくなり 職員が『大丈夫よ~、怖くないわよ~~』 とトリートで釣って動かしてたので あっちゃ~~と思いましたが まっやり方は人それぞれだからね。

フェンス越しの他犬との挨拶は完璧。 フレンドリーな子です。


新入りのクレイトン 10歳のピットミックス。

10歳と言えば高齢ですがあまりじーさんぽく無い10歳。 可愛いジーさんです。
ガーディアンは多少ビビりゆえに人間の事をかなり意識してますがクレイトンは反対。 天真爛漫系だけど人間はアウトオブ眼中。 人と繋がった散歩を目指さなければ。

そして気になって仕方のないシナモン

アダプト決定しました!! が、、何と腰にしこりのようなものが見つかり来週生体検査に出します。もしも何もなかったら来週の金曜日に子供のいる家族の元に引き取られます。 

しこりがただの脂肪種である事を祈る!!

2 comments:

  1. こちらはポカポカ陽気の日曜日を迎えています。
    日本の半分は雪との生活なのに、
    本当にマイルドな冬で感謝です。

    次から次へとシェルターは出入りが激しいですね。
    シナモンちゃんのしこりが悪いものでありませんように。。。
    子どもたちとの生活をさせてあげたいです。クリスマス前に。

    おっとりビビリちゃん、ママさんの後ろをてけてけ何て。愉快ですね。
    そうなんですよね。背中を向けて歩くとか、顔を見ないで背中越しにトリートをあげるとか、
    以前そういう訓練したことあります。ビビリに対して。

    そうそう、和犬のユリにも腰にしこりが出来てよく診察してもらったら、脂肪種でした。
    ワンコのしこりってドキっとしますよね。

    22日から孫とママが一足先に我が家にかえってきます。
    ぐうたら、ばばちゃんは明日から外家の中の掃除に取り掛かります。
    でも出来る範囲でね。笑  ムリはしません。


    ReplyDelete
    Replies
    1. Sarah mamaさん

      こちらはここ2,3年よりも寒い~です。 本当は山行きを予定してましたがここのような低地でさえマイナス10℃なので今日はやめておきました。 もう少し気温が上がった時にします。

      シナモンのしこり、、昨日初めて触りましたが何となく悪いものとは思えず、、脂肪種の結果を心待ちにしています。 全てがうまく行けば金曜日に譲渡。 穏やかそうな家族で子供(女の子)も落ち着いた子でしたしシナモンには幸せを掴んで欲しいです♪

      ビビりちゃん、動かなくなった時に顔をモロにみて対峙するとどうしてもその時の怖さを肯定してしまう結果になりかねません。 知らんふりしてサッサと通りすぎて あれっ?何でも無いじゃん! って事を分からせる事が一番かなぁ、、今の所は。

      マライアの時、動かなくなった時に対面で対峙してしまい、、動かない = かまってもらえる、、という悪循環の方程式を生み出してしまった失敗にも由来してます。

      お掃除張り切り過ぎないように~。 家族が増えて犬達にも楽しみですね!

      Delete