Tuesday, February 10, 2015

ドイツで出会った犬

去年の秋にジェイミーと母と一緒に南ドイツへ行った時に出会った犬。

駅で犬を連れた老夫婦と出会いました。
フレンドリーなジェスチャーで犬が近寄ってきたのでカメラを向けると飼い主のおじさんが話しかけてきました。

去年ルーマニアからレスキューされた子だそうです。  ルーマニアで野犬が増えてしまい国境を越えてドイツでレスキューされる、、レスキュー同士、人間同士のつながりが無いと出来ない事で素晴らしい。

最初は怖がって人間に近寄って来なかったけれども今ではかけがえの無い家族の一員なんだ~、ルーマニアにはまだまだ同じような境遇の子達が沢山いるので心を痛めている、、と普段英語を話さないであろうおじさんが単語を探しながら一生懸命に説明してくれました。

こんな所でレスキュー犬に逢えるなんて! しかもシェパミックスかな?

昔は何であれ今は幸せいっぱいでこちらも嬉しくなりました♪

4 comments:

  1. 昨日今日と朝の冷え込みは今年一番かも?
    朝方からだが痛みました。今太陽が出て建国記念日は暖かな日になりそうです。

    ステキなお話ですね。国境を越えてレスキューされたワンコたちがいるのですね。
    お写真のワンコもやさしい飼い主さんとめぐり合えて、穏やかな表情をしています。

    妹の18歳の柴は虹の橋を渡ろうとしています。
    眼もみえず、耳も聞こえず、最後をがんばっています。
    安らかに天国に・・・と私は祈るだけです。別れはいつも厳しいですね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. Sarah mamaさん

      こちらもマイナス2桁の日が続いています。 寒いと体が痛みますね。 
      特に足を酷使しているせいか私も寒いと痛くなります。
      国境を越えたレスキューを聞いた事はありましたが(確かMasumiさんの所にもルーマニアから来た犬達がいました) 実際に見るとは思いませんでした。 とても穏やかな子でした。 
      幸せを掴んだ犬達は氷山の一角かもしれませんがそれでもうれしいです。 

      妹さんの犬は目が見えなくても耳が聞えなくても飼い主さんの傍で安心していられるのでしょうね。 穏やかに、安らかな最後を迎えられる事を祈ってやみません。
      別れは、、確かに想像したくありませんが、、、私もゼウスと分かれるなんて考えられません。
      でも何時かはお互いに旅立つ時が来る事を、その日が近くなったら自分が納得する事ができるのでしょうか? う~ん、、、分かりませんね。


      明日は早起きしてまたアイスクライミングの修行へ出かけます♪

      Delete
  2. 妹のシバちゃんは昨日静かに旅たちました。

    今朝2時ごろ私は犬の声が聞こえて普段は傍のサラが反応するのですが、
    我が家の犬たちは寝ていました。
    可愛い声でワン、ワンと2度ないたのです。きっと私に別れを言いにきたのでしょうね。
    車で30分ぐらいのところに妹は住んでいます。
    私は行くたびに可愛がっていましたし、おやつもよく買って届けましたから。

    妹は今朝から自分の周りに愛犬のにおいが漂って最初、服についているのか思ったそうです。
    でも、それも、最後のお別れだったのでしょうね。
    犬は人間が持っていない何か霊感じみたものを持ち合わせているのかも?

    アイスクライミングの修行楽しんでくださ~い!

    ReplyDelete
    Replies
    1. Sarah mamaさん

      柴ちゃん、虹の橋をわたられたのですね。 サラママさんの所にもさよならを言ってから旅立っていったんですね。 動物達との別れは本当に寂しく悲しいものです。

      可愛がってくれてありがとう! 何時もおやつありがとう!って言っていたのかな?

      犬は人間が持っていない何か霊感みないなものを持ち合わせてる、、私もそう思います。

      Delete