Saturday, March 23, 2013

南部最古の町 チャールストン

先週から一週間の春休みに入りました。 先週木曜日の実習が終わってから1日おいて直ぐにサウスカロライナ州のチャールストンへと旅行へ。

ゼウスはデイケア付属のボーディングへ一週間お泊まり。 
この旅行は凄く迷いました。 本当は春休み、ゼウスと毎日あちこちへ散歩へ行こうと思ってたのに、、ごめんね~、、、と罪悪感で一杯。 

この間のクリスマスに夫実家への帰省の為にゼウスを預けた時、ボーディング施設ではスタッフの入れ替えがあったのか? 知らないスタッフさんばかりでした。 

また一週間も、、大丈夫かな? と迷いに迷って電話をしてみたところ クリスマスの時と全く同じスタッフ体制なので ゼウスに慣れたスタッフ達が責任をもってお世話します、、という言葉に後押しされて予約を入れて旅行を決心。

雪を見て何を思ってるのか?

結局出発日の2日前に行くと決めてからフライト、ホテル、レンタカーを手配するというギリギリ決行の旅行となりました。  夫の仕事も丁度暇な時期だったのが幸いしたとは言え、いきなり一週間の休暇を上司に申請してOKをもらうなんて全くアメリカらしい話です。

迷ったのは服装。 こちらNYは零下の日が続いていますがチャールストンは25度前後。
でも薄着で行ってニューアーク空港(ニュージャージー州)での乗り換えの時寒かったらいやだなぁ。
結局ダウンコートは空港に駐車した車に置いておき 重ね着をしてフリースをひっかけて行く程度にしました。 

フライトは遅れる事なく、3時近くにチャールストン空港到着。 思ったよりも小さな空港でレンタカーを借りて出発。

ホテルはマリオットチェーンのホテルでダウンタウンから橋を渡った所にあります。 ホテルから夕方5時以降は30分おきにダウンタウンへ向けての往復シャトルバス有りという文句に魅かれて決めました。

空港からレンタカーでホテルに向かう途中、持参してきたIpod Touch に入っているナビゲーションシステムが突然クラッシュして起動しなくなりました。 ナビがあると思って地図も何も用意してこなかったので右も左も分からない状態に。 文明の利器に頼りすぎてアナログな準備を怠るとこういう事になるのか~と夫と共に反省。

レンタカーに付いてきた簡易マップで何とかホテルまでは辿りつきましたが途中、全く反対方向のジョージア州サバンナの方角へ数十キロも走っていたりしました。(笑)

チェックインを済ませ荷物を整理してからホテルのシャトルバスでダウンタウンへ繰り出しました。 チャールストンのダウンタウン。 南部最古の町で古い町並みがあちこちに残っています。

大好きな古い石畳の町。

日が落ちてきて辺りも暗くなり、ネットで調べた評判の南部料理のレストランへ。

南部と言えばフライドチキン発祥の地。 揚げ物は普段あまり食べないようにしていますがこの時ばかりはオーダーしてしまいました。 鶏の中に野菜の詰め物をしたフライドチキンに南部独特のブラウンソースを付けていただくと 美味!

予約無しで行ったのでテーブルは一杯。 レストランのバーカウンターで頂く事になりました。 地元のレストランでもわざとテーブルに座らずにバーカウンターで飲みながら気軽に料理を頂くスタイルは結構気に入っています。
 
カウンター越しに気の良いバーテンダーと話しながら頂く南部料理は最高でした。 

 帰り道から見える教会。

 こうして南部の第一夜は更けていきました。

4 comments:

  1. おひさしびりで~す、ママさん!

    息抜きに南部の旅行楽しまれていますね。
    私は4年半南部にいましたので、懐かしいです。

    当時私はちょっぴり不安でしたが、南部の人って、とってもあたたかでしたよ。
    いやな思いでは全くありません。
    か弱い日本人の女の子に親切で、あちこちの家に週末招待されました。珍しかったのかも?

    ゼウス君、1週間我慢してね
    ママさんも生き抜き沢山してくださ~い!

    ReplyDelete
    Replies
    1. Sarah mamaさん

      ご無沙汰してました。 そう言えばSarah mamaさんはケンタッキー州にいらっしゃいましたね♪
      私には初めての南部でした。 

      おっしゃるとおり、親切な人が多くてびっくりしました。 ニューヨーク州でさえ日本から来た私にとっては親切な人が多いな~とは思っていましたが それに輪をかけてあたたか♪  
      特に女性がこちらが恐縮してしまうくらいの笑顔で親切でしたよ~。

      本当に、、南部のかつての奴隷制度でちょっと身構えてしまう所もありましたが現在はその名残もなく、、人のあたたかな州、、と印象に残りました。

      昨日帰宅しました♪ ゼウスは元気です。 迎えにいったら喜びの舞い? を踊ってくれました。(笑) その後はずっと一日中家で死んだように寝ていました。 ボーディングではよく眠れなかったらしいです。

      Delete
  2. mamaandwans@yahoo.co.jpMarch 24, 2013 at 11:20 AM

    今晩は!私もカウンターが好きです。色々なお話が出来ますものね!ゼウス君のお顔がみえないのは、淋しいです。帰られたらゼウス君に会わせてくださいね!ところで、ミラン氏が犬を注意するのに、首あたりをタッチしてるのですが、タイミングとか、どのようにしてるのか、たとえば、軽く注意してるのか、叩いてるのか。わからないのですが、教えて頂けませんか?今、ウィーン警察犬シェパードREX
    にハマってハマって、ご存知?我が家のワンズには、到底無理だけど内容も良いし、私自身が犬の扱いの勉強になります。

    ReplyDelete
    Replies
    1. Mamaandwansさんもカウンター派でしたか♪ 
      バーテンダーさんからいろいろとローカルなチャールストンの話題を教えてもらったりして楽しい時間を過ごしました。

      シーザーミランが犬を注意する時、たまにシッ!っと 首の辺りを指先で鋭くタッチ (うまく言い表せませんが指先で首のわきをつつく感じです) しています。 シーザーは母犬が子犬を叱る時、子犬の首の脇を軽く噛んで教える所をまねてそうしていると説明していました。

      私も時々散歩中にゼウスが他犬をガン見して喧嘩を売ろうとする兆候が見られる時にシーザーと同じ使い方をします。 そんな時はゼウスもハッと我に帰る感じで他犬から私へ視線を移すので我が家の場合は結構効果はあります。

      実は犬が出てくるTVドラマは見られないんですよ~。 もしも番組中に犬に悲しい事があったら、、、と思うとダメですねぇ。 以前両親が送ってくれたシェパードが主人公のDVDの『さようなら アルマ』、、も見るからに悲しそうなタイトルで、、今だに開けられません。 
      でもシェパードREXは悲しそうな話ではないから大丈夫かな?

      Delete