Wednesday, September 10, 2008

ドレス詐欺?とその結末

式までにお店へ行ってウエディングドレスをオーダーするのが時間的に苦しいのでオンラインショップでオーダーした。 先週配達され試着しようとして目に入ったのが"Made in China"のタグ。
えー!デザイナードレスでこの値段で中国製は有り得ない。 まさしく複製品。
オーダーした時も念のため複製品ではない事を確認したのに。 即返品。 オンラインショップでは7日以内の返品は全額返済と明記されていたし。 ところがショップからはうんともすんとも言ってこない。もちろん返金も無し。 これはだまされたのか。

相方さんの助言で ダメもとでドレスの支払いに使ったクレジット会社へ今朝連絡をとる。
事情を説明すると それではクレジット会社から支払い元のオンラインショップへ詐欺のクレームをつけるので20日程待つように言われる。 すぐにクレジット会社から詐欺のクレームをショップへつけたメールのコピーが届く。 そして午後、クレジット会社からオンラインショップ側が全額払い戻しに同意したとの連絡を受ける。
クレジットカード会社のカスタマーサービスの素早さにとても驚き うれしかった。
町で買い物をしても大抵は1-3ヶ月以内の返品ならOKでアメリカの消費者は手厚く保護されているなと実感する。

もうひとつうれしかった事は ドレスの件で昨夜落ち込んでいた時に相方さんが 
“別にドレスと結婚するわけじゃないし もしYukiがT-シャツとジーンズで教会に現れても俺はかまわないよ!”
と言ってくれたこと。 あはは、のろけですね。 でも、不覚にもちょっと涙がでそうになりました。

No comments:

Post a Comment